カテゴリ:Current Affairs( 5 )
オーストラリア 初の女性首相 誕生

初めての女性の首相が誕生しましたー!

今まで副首相だったジュリア・ギラード氏
ちょっと、ジュディ・フォスター似で、(・・・ と私は思ってるんだけど、ポモパパに ”ぷっ” と
吹かれた 苦笑) 知的な感じの人です。 支持しまーす v
頑張れ~、女性パワー (がっつ!)

今朝は、オーストラリア vs セルビア戦のため、4:30 起き
(↑ 応援してないといいつつ、観ちゃったよ。 とりあえず、ポモパパ立てて・・・ 笑)
3時間半くらいしか寝ていないので、激ねむです。
オーストラリアにとっては、初勝利でしたけど、ドイツがガーナに勝ったからね。
これにて終了でございます。 ちゃんちゃん。

さーてと、まだ9時半だけど、エネルギー蓄積のために、もう寝ることにします。
また、4:30 (日本時間 3:30) にお会いしましょう~ (笑)

頑張れ~、日本!



2つのランキングに参加しています。
ポチっとしていただけたら、元気がでます。 よろしく~!

↓↓↓




[PR]
by pomomama | 2010-06-24 20:30 | Current Affairs
旬の一枚

イギリスでは、最近首相が変わりましたね。

先週は、オーストラリアでも、「今年度の国家予算」 が発表され、
ポモパパは、テレビにかじりついて見ておりました。
かたや私は、しら~っ (冷)

・・・ ということで、旬の一枚 「 オーストラリアの国会議事堂 」

e0196509_210876.jpg


オーストラリア (キャンベラ) には、新旧2つの国会議事堂があるのですが、
こちらは(↑) 現在の国会議事堂 (New Parliament House)
初めて見たときから、一目ぼれ~(笑) この斬新なモダンなデザイン、好きですね ・・・
キャンベラのど真ん中、丘の上に位置しています。

ちなみに、旧国会議事堂 (Old Parliament House) はレトロな感じ。
エドワード建築だそうです。とってもイギリスっぽいです。
[PR]
by pomomama | 2010-05-17 21:34 | Current Affairs
名前について思う事

夫婦別姓法案に反対=亀井金融相
「姓が別でなければならないという心理がよく分からない。夫婦、子供で姓が違う。 
家がアパートみたいになって、表札が全部違う形になるのがよいのか」


正直言って、ちょっと頭が固いのでは?・・・と思ってしまいました。(失礼っ!)
直接的な言い方すぎましたね。 夫婦別姓法案に反対の方々が、いらっしゃったら、
ごめんなさい。

私は、別にいいのではないかと思っています。
必ず別姓にしなければいけないわけではないですし、ご主人の姓にされたい方は、
従来通りに ・・・。 そういう選択があってもいいのでは? 
私は、とりたてて、夫婦別姓を推奨しているわけではないですが、
ただ、かたくなに反対するような理由はないかと思います。
あくまでも、決めるのはご本人たちですし、選択の幅が広がるのは、
悪いことではないと思います。

皆さんは、いかがお考えですか?

ちなみに、うちは別姓です。こちらでは、日本名に馴染みがない方がほとんどですから、
電話口などで、私の姓の綴りを説明するのがめんどくさい場合などは、
勝手にポモパパの姓を名乗ったりしていますが、基本的には、パスポートも
クレジットカードも、銀行もすべて私の姓のまま。

ポモの姓は、ポモパパの姓ですが、ミドルネームが、私の姓です。
海外には、そういう家族がたくさんいますし、私も日本にいる時に、
別姓の支障を感じたことは、一度もありませんでした。

ただし、名前 (ファーストネーム) に関しては、ちょっとしたこだわりがあります。
これは、ただの個人的な好みですが・・・。

こちらでは、外国人の名前は発音しにくいからという理由で、ニックネームとして
近い音のアングロ系の名前に変えたり、短縮して呼ばれたりすることがあります。(笑)
悪気はないので、相互の同意があれば、いいわけなのですが・・・。

私の名前の場合、こちらに似たような名前があるので、発音はしやすいようですが、
かなり高い確率で、綴りを間違われます。(苦笑)
そして、親しい友人には、短縮形で呼ばれたりもします。(笑)

特に、オージーは何でも単語を短縮するのが好きなので、私の名前は、
今やアルファベット一文字に。(苦笑)
(アルファベットLの次、Nの前) もともと 十分短い名前なんだけどなぁ・・・。

ポモの名前は、日本的な名前なので、発音が難しいようで
余計な母音が入った形で発音されがちです。ポーモーって感じ? 例えば、Matthew (マシュー)の th の発音が苦手な日本人が多いのと
似たような感じですかね?

最近、本人も真似し始めているので、先日学校の先生に、
ポモの名前の発音特訓してきました。(苦笑)

多分、この努力、山火事にコップで水をまいているようなものです。
今後、オーストラリア中を、正して回るわけにはいかないですからね。
わかってはいます。 でもね ・・・ ぶつぶつ ・・・。
[PR]
by pomomama | 2010-02-13 23:57 | Current Affairs
残念です ・・・ この確執

日本人が学ぶべき部分をたくさん持っているオーストラリアという国
最近、オーストラリアの好きではない部分も、段々容認できるようになってきた私ですが、
(好きではないことを好きにはなれないけど、そういうものだと理解し、受け流せるように
なったという意味です) これ(↓) については、容認できないですねー! 

日本でも報道されてますよね? このニュース。
シー・シェパード、第2昭南丸船長らを「海賊行為」で告訴

「アディ・ギル号」が、「第2昭南丸」の進路に突進し、大破した様子は こちら から

怒っています。 ぷんぷん ・・・ 冗談ではなく。

シー・シェパード (SS) は、今までに、何度も日本の捕鯨調査船に対し、レーザー光線を
発したり、毒性の液体の入った瓶を投げつけたり、船ごと体当たりしてきたりと、
明らかに傷害・殺人につながるような行為を行ってきています。
SS は、反捕鯨過激派団体で、その行為は過剰で、カルト的です。

捕鯨問題って、かなり根深い問題ですよ ・・・。
SS と日本の捕鯨業界との確執は、1970年代あたりまで遡るらしいです。

オーストラリアに来たばかりの頃、よく友人から日本の捕鯨に関して意見されましたね。
次第に白熱した議論に発展し ・・・ ちょっと気まずい雰囲気になったことも。(苦笑)
オーストラリア人の動物愛護に対する気持ちは十分に理解していますし、
私もどちらかと言えば、反捕鯨派です。
・・・ が、武力行使はいかがなものかと?

オーストラリアのメディアも異様? なんだかすごく感情的になってる感じ。
日本もかなり感情的になっているようですが ・・・。 (苦笑)

デイリー・テレグラフ紙 (ウェブ版)では、SS 関係者の Paul Watson 氏のインタビュー
「これは、戦争です。クジラを救うことは戦争です」 と。

↑ クジラを救うために、人間が命を落としてもやむをえない ・・・って意味?

ヘラルド・サン紙(ウェブ版)では、SS のオーストラリア責任者 Jeff Hansen 氏のコメント
「SS は、国際保護法に従い、鯨を守るために命をかけ海に出ているが、
日本人は鯨の命を奪うために海にいる」 と。

↑ SS の行動は、ただの嫌がらせ。犯罪とも言えるかも。
本当にクジラを守りたいのであれば、もっと別の方法があるのでは?

我が家が定期購読している2紙は ・・・

シドニー・モーニングヘラルド紙の社説
「違法すれすれの極めて危険な遊び と SSを非難。 日本側の防衛的措置は合法」 と

↑ 違法すれすれって? 遊びって? これこそ、違法な行為だと思うけど・・・

オーストラリアン紙の社説
「SS 活動家への支援をやめるべきだ」

↑ 賛成、やめるべきです。

「一連の抗議行動を 傲慢で理屈に合わない」 と批判

↑ その通り。 わかってるじゃない!

ちなみに、オーストラリアン紙のサイトで実施された読者投票で今回の
衝突責任の所在を尋ねたところ、約64%が 「SS 」 と回答したそうです。

えっ、たった64%?  そうです。これがオーストラリアの現状です。(苦笑)
日本の調査名目の捕鯨に対して、反感をもっているオージーは、かなり多いわけです。
なので、過激派 SS の支持者も多いわけです。 

大惨事に陥る前に、SS が南極海で活動できないようにして欲しいものです。
まずは、オーストラリア政府は、SS 船の寄港を拒否すべきですね。

今後のオーストラリア政府の対応はいかに ・・・。 どうか、賢明な対応を。
[PR]
by pomomama | 2010-01-12 10:59 | Current Affairs
最も魅力的な夫は?
英オックスフォード大 生活時間研究センターのエコノミストによるサーベイの結果
発表されたらしいです。


「世界中で、最も魅力的な夫は、どこの国の男性?」

More
[PR]
by pomomama | 2009-07-10 20:24 | Current Affairs