マレーシア旅行記 <マラッカ>
あ〜、また超朝方の生活が復活。寒いよぉー

学校、始まりました。(ポモは明日から)
でも今日は、コースの登録やら、時間割の確認やらで、授業はなしですけど。

今学期は、前学期に比べるとずいぶん楽そうな兆し。1科目少ないし、
選択科目もないし。詰め込めば、週2日でなんとか行けそう。
前回は詰め込んで週4日だったからなぁ。
このつけが、来学期に回ってきそうで、おそろしいけど、調子にのって、
学校外のコースも、1つとってしまった ...
今年末には、個展かグループ展を開きたいと思っています。
どうか達成できますように〜!


さてさて、旅行記しつこくまだ続いてます。

今回は、マレーシア最古の都、マラッカ(世界遺産です)
「マラッカを知る事は、マレーシアを知る事」だと言われていますが
国内最古となる建築物が多く残っており、600年という長い時の
流れの中でポルトガル、オランダ、イギリスによる統治を経験した町でもあり、
点在する教会や遺跡からは西洋文化に強い影響を受けた事がよくわかります。


オランダ広場(マラッカのシンボル的広場)
e0196509_15284977.jpg

e0196509_15284737.jpg

e0196509_15285451.jpg


聖フランシス ザビエル教会
日本でも有名なフランシスコザビエル。ここにも来たらしい。
e0196509_1530298.jpg


名物 トライショー (人力車)
e0196509_1531957.jpg

e0196509_1530328.jpg


セントポール教会(ザビエルの布教の拠点跡)
e0196509_15314542.jpg

e0196509_15311570.jpg

e0196509_15333254.jpg

e0196509_15332192.jpg


青風亭(チェンフーンテン) 
マレーシア最古の中国寺院
e0196509_15333830.jpg

e0196509_1534195.jpg

e0196509_15334968.jpg

e0196509_2350615.jpg

e0196509_23521255.jpg



中国から移住してきた男性と現地人女性(マレー)の間に生まれた子孫、
プラナカンは繁栄し、町の発展に大きく貢献したそうです。
マレーシアと中国の文化が融合したニョニャ料理は独特で、おいしかったです。
ジョンカーストリートは面白かったけど、暑くて熱中症になるかと思った。

マレーシアに行く機会があったら、ぜひ立ち寄ってみてください。
クアラルンプールからは、日帰りツアーもありますし、バスやタクシーでも
片道2時間くらい。簡単に行けます。
[PR]
by pomomama | 2011-07-26 00:02 | Trips
<< マレーシア旅行記  <最終回> マレーシア旅行記 < ... >>